2006年12月31日

固定記事。



ここの説明である。


ここは私が気が向いたときに更新するブログである。


日記の時もあれば、私の意見をつらつら語るときもあるし、


私が好きなAVの批評をするときもあるであろう。


しかし、理念は一貫し続けるであろう。


その理念は「硬派。」である。


なお素性は一切あかさない。


私の素性を知っている者は私の素性をあかしてはならない。


くれぐれも私の本名は出さないように。


知らない者も余計な詮索はしないことだ。


私の素性があかされたら即座にブログは閉鎖する。


以上。



【関連する記事】
posted by 管理人さん。 at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年07月24日

足。

冬に友達と酒を飲んだときのことである。
最初の乾杯から一時間以上過ぎてぐだぐだし始めた頃。
いたずら好きなMAJI☆DEおちゃめな私。
酔っ払っている友達に「人工呼吸器ー!!」と言って私の靴を口と鼻にくっつけたのである。
当然のように不快そうな顔をする友達。
喜ぶ私。
「この靴は半年以上洗っていない。へへへへ、苦しめ。地獄を味わえええええ。」
なんて言いながらぐいぐいと友達の顔におしつけた。
でも、なぜか友達は無反応。
だるそうに「はいはい。分かった分かった。」みたいな顔をしている。
つまんねー、と思いながら靴を顔から離すとその友達が一言。
「臭くない。」
「マジで?」と言いながら匂いをかぐ私。
同時に私は叫んだ!
「臭くない!臭くないよ!」
「嘘つけ、嗅がせてみろ。」と言いながら私の靴を奪い合う友達。
(実際は私が臭くないからかいでみろと全員の鼻におしつけたのである。)
「臭くない!」と叫ぶ一同。
まんねりしていた空気が吹き飛ばさた。
そう神風が吹いたのである。
皇居に向かって敬礼。
でも、そのテンションは続かず、すぐにぐだぐだに戻った。
そんな私の足を昨日怖い話を読んだ後嗅いだらすごく臭かった。
これは言わずもがな霊障である。
これが私が最近体験した心霊体験である。
以上。
posted by 管理人さん。 at 16:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。